No.8759「日本の工芸品:BUNACO(ブナコ)飾り皿/ねぶた絵皿」直径27cm

¥4,500 (税込)

  • メーカー:BUNACO(ブナコ/ 日本)
  • 材質:ブナ
  • サイズ:幅270 / 奥行30mm
  • 送料:レギュラークラス

送料はコチラから確認できます。

当店の商品は原則としてユーズド品です。
ご購入の前に【お買い物ガイド】をご確認ください。

在庫1個

商品コード: 8859 商品カテゴリー: ,

日本の工芸品BUNACOのねぶた絵皿「祝融婦人飛剣之図(しゅくゆうふじんひけんのず)」。


▲直径27cmのブナコに迫力ある図案。

「BUNACO(ブナコ)」とは、日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された工芸品です。

ユニークな独自の製法で、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に手作りする木工品。

その製法とは、ブナ材を1mmという薄さでテープ状にかつらむきのようにカットし、1cmのテープ状にしたブナを何層にもぐるぐる巻きにするのです。

BUNACOの大きな特徴は、ブナのテープをコイル状に巻き、型を押し当て滑らかな曲線を創り出すこと。
また同じ大きさの器を作る際の木の使用量が極めて少ないという点です。
(ブナコの木の使用量は、木の立方体を削る手法に比べておよそ10分の1という、体積だそうです)

無垢材を使うわけではないので、歪みが出ることもなく、
湿気の多い日本の気候風土にもぴったりな製法なのですね。

そして、ねぶた絵皿「祝融婦人飛剣之図(しゅくゆうふじんひけんのず)」は、
日本画家の竹森節堂により描かれた図案。

後漢の末、中国が魏・呉・蜀の三国に分かれ抗争を続けていた時代、蜀の宰相、諸葛孔明は遠く南蛮の国を平定するため兵を送った。その戦いの際、南蛮王孟獲の妻、祝融夫人は得意の剣を飛剣して蜀将と戦った。(三国志より)


▲鮮やかな色彩のねぶた絵、ブナコのブラウンが額縁となりより引き立てています。


▲臨場感あふれる一場面。

青森の伝統が詰まった飾り皿です。

未使用品。(皿立て付属)


▲サイズ違いもございます。

*BUNACOはコチラから

◆決済方法:各種クレジット、代引き(手数料450円/一部不可)、銀行振込
◆保証期間:家具照明時計については一部保証期間あり(保証期間は各ページに記載)