No.8358「日本の工芸品:寄木細工のボックス」

¥3,300 (税込)

  • 材質:寄木細工
  • サイズ:幅175 / 奥行120 /  高さ65mm
  • 送料:レギュラークラス

送料はコチラから確認できます。

当店の商品は原則としてユーズド品です。
ご購入の前に【お買い物ガイド】をご確認ください。

在庫1個

商品コード: 8358 商品カテゴリー: ,

寄木細工のボックス。

箱根は日本でも木材の種類が多い地域で、この豊富な木材を用いて天然の木肌の色を活かし、幾何学模様を表現したのが箱根寄せ木細工だそう。

江戸時代から始まったこの技術は小田原・箱根地方を代表する工芸品となり、この地方だけに継承されていると言います。

寄木細工は天然の木肌を活かしながら、厚みや幅をかんなで統一し、色の異なる木材を正確に組み合わせる精巧な技法が必要とされます。

模様が組み上がってもまだなお、出来上がった厚みのある板を薄く経木程度の厚みに削り出す技術と根気が要求される手法でもあります。

使わる木材も多岐にわたり、みずき、まゆみ、あおはだ、もちのき、にがき、うるし、くわ、しなのき、、、、、
などなど、あるようです。

気の遠くなる過程の結果、つい見入ってしまう、かの模様ができあがるのですね。


▲天面・側面は異なるデザインの寄木細工が何種類も。


▲側面は市松模様地に、斜めにかかるあざやかな細工。

フタと本体がしっかり繋がるようデザインされています。


▲めがねや文房具、くすりなど細々したものを入れるのに良いサイズ感です。

経年のスレ・小キズがありますが、大きく目立つダメージは見受けられません。

◆決済方法:各種クレジット、代引き(手数料450円/一部不可)、銀行振込
◆保証期間:家具照明時計については一部保証期間あり(保証期間は各ページに記載)