No.7333「FLAVIA〈リミニブルー〉オブジェ:Aldo Londi / イタリア」SOLD

  • メーカー:FLAVIA(フラヴィア)
  • シリーズ:リミニブルー
  • デザイン:Aldo Londi
  • 材質:陶器
  • サイズ:幅155 / 奥行70 / 高さ80mm
  • 送料:レギュラークラス

送料はコチラから確認できます。

当店の商品は原則としてユーズド品です。
ご購入の前に【お買い物ガイド】をご確認ください。

商品コード: 7333 商品カテゴリー: ,

イタリアの陶芸工房FLAVIA(フラヴィア)のオブジェ。

デザインはAldo Londi(アルド・ロンディ)。

Egidio Bitossi(1861- 1920)に縁を持ち、現BitossiCeramiche前の1976~2008年の間運営されていたフラヴィア。

歴史は古く「Maiolicheartistiche Guido Bitossi」工場(1921-1937)、「ManifatturaCav」・「G. Bitossi&Figli」(1937-1976 )、「Manifattura Ceramiche ArtisticheFlavia」(1976~2008)と変遷を経て、Gruppo Colorobbiaの傘下に入り現在はBitossiCaramicheとして製品を作っています

デザインしたアルド・ロンディはと言うと、11歳の時から陶芸を専門とする工房で基礎を学び、第二次世界大戦が始まるまで見習いとして働きました。
第二次世界大戦中に南アフリカで捕虜になった後、イタリアに戻り、1946年Bitossiのアートディレクターに任命、1976年までその役を果たし、その後は一表現者として陶芸に邁進

Bitossiでは水差し・花瓶・燭台など100を超える陶器を作成、その独自の鋭い感性で新しいスタイル「リミニブルー」「モンドリアン」「ロブスター」「シヴィラ」「エトルスカ」などのラインを生み出しました。


▲その中でも最も有名なコレクションといわれる、「リミニブルー」のオブジェ。
地中海の色とそのさざ波を表現したようなテクスチャー。

愛らしい表情が垣間見えます。

また生来の創造性と美的感覚を持ったアルド・ロンディの存在は、Bitossiと多くのデザイナーがコラボレーションするきっかけとなったともいわれます。
1950年代には建築家Ettore Sottass(エットレ・ソットサス)、1980年代以降にはメンフィスのMichele de Lucchi(ミケーレ・デ・ルッキ)、Marco Zanini(マルコ・ザニーニ)や同じくイタリアのPiero Fornasetti(ピエロ・フォルナセッティ)などのデザイナーが参加。

アルド・ロンディの偉大さを感じる錚々たるメンバーですね。


▲割れや欠け、目立ったダメージはありません。

◆決済方法:各種クレジット、代引き(手数料450円/一部不可)、銀行振込
◆保証期間:家具照明時計については一部保証期間あり(保証期間は各ページに記載)